子供の予防

contact_tel.png

歯の予防は、できるだけ早く始めましょう

子供の時に悪い口内環境ができてしまうと、乳歯から永久歯に生え替わった後もむし歯ができやすくなってしまいます。早い時期から適切な歯磨きの方法を身につけて、食生活も改善することが、将来に向けて歯の健康を維持することに繋がります。
ご自宅での歯磨きはできれば毎食後行い、特に夜は就寝中に細菌が繁殖するため念入りに行うのがお勧めです。
ただし長い時間かけて歯を磨いていると子供が嫌がりますので、ポイントを押さえて短時間で効果的な磨き方ができるようにしましょう。

当院の予防歯科

3ヶ月に一度の検診をおすすめしています

むし歯はできるだけ早期に発見することが重要です。そのため3ヶ月に一度は歯科医院で検診を受けるようにしましょう。
歯が生えてくる時期や生え替わる時期は、めまぐるしく口内環境が変化していくため、毎月お越しになっている方もいらっしゃいます。

クリーニング、むし歯の処置

歯に残っている汚れをお掃除し、むし歯ができているようでしたら治療を行います。
進行していくと歯を大きく削る必要が出てきて子供が余計に嫌がるようになってしまいますが、早期のむし歯であれば痛みもほとんどなく治療できます。

歯磨き指導

歯ブラシはヘッドが小さく、毛が揃っており、柄が長くて湾曲しているものがお勧めです。
歯並びによってはフロスも使う必要があります。また、歯磨き粉の成分はほとんど変わりませんが、できればフッ素やキシリトールなどの歯に良い成分が入っているものが良いでしょう。泡立たないタイプであれば仕上げ磨きもしやすいかと思います。

食事のアドバイス

食事によっても歯の健康状態は変わってきます。特に牛乳、りんご、緑黄色野菜、繊維質を多く含むもの、魚、唾液の分泌を促すもの、噛みごたえのあるものを積極的に食べさせてあげるようにしましょう。
唾液、遺伝による歯の強さ、歯並びなどによってもむし歯のなりやすさは変わりますので、当院では一人ひとりに合った予防の進め方をご提案させていただきます。
また、家ではどうしても歯磨きを嫌がってしまうことがあるかと思いますので、そういった時にもお気軽にご相談ください。

お子さんが通いやすい歯科医院です

うの歯科では、子供を無理やり治療してトラウマを作ってしまい、その子が二度と歯医者に行かなくなるようなことがないようにしています。
場合によっては薬だけ歯に塗ってお帰りいただいたり、治療をするフリをして慣れていただいたりすることもあります。また、キャラクター消しゴムやおもちゃも用意しており、楽しく通っていただけるようにしています。
子供の歯について気になることがある方、きちんと予防をしてあげたいという方は、多くの子供が通っている当院へぜひお越しください。

うの歯科 オフィシャルサイト歯医者ガイド ドクターズファイル
お問い合わせはこちら tel:058-382-0753