うの歯科歯医者通信

contact_tel.png

2017.05.31更新

虫歯や歯周病にはなりたくないと思っていても、それほど歯について真剣に考える方は多くないかもしれません。子供の時はもちろん、大人になってからも歯の病気を予防する事は大切で、最終的には歯を失わない事に繋がるためしっかりと考えておくべきです。

予防歯科は、歯の病気を未然に防ぎ、歯を守る事に大きな意味があります。例えば、定期的に検査を行っていると、虫歯の早期発見に繋がる場合があります。初期段階の虫歯であれば、薬のみで治療が完了する事もあるのですが、症状が進行するとどうしても削らなければならなくなります。

また歯周病に関しても、自覚症状がそれほどはっきり現れないため、気づいた時にはかなり進行しているという事が多いものです。特に歯が抜けてしまう原因の半数を歯周病が占めているため、早めにチェックし、必要であれば治療を進めていく事が大切です。

大人の予防歯科ではこのような歯の病気をチェックするほかにも、正しく歯磨きを行えるように、細かい指導を受けられます。自分ではしっかり磨けていて、健康に歯を保てているつもりであっても、実はまったく磨けていないという事も稀ではありません。

将来の歯の事を考えて一度予防歯科で検査を受けてみると良いのではないでしょうか。各務原にある当院では、予防歯科のご対応を行っておりますので、お時間があるときにぜひご相談頂ければと思います。

投稿者: うの歯科

2017.05.25更新

小さな子供の頃に、悪い口内環境が出来上がってしまうと、、大人になってからも虫歯に苦労しやすいものです。しかし、子供の時から予防歯科で正しい口内環境を作り上げていけば、将来的に歯の健康を守っていく事に役立ちます。

このためお子様の時から、歯磨きの正しい方法を習得しておく事に加え、食生活もしっかり改善しておくべきです。歯磨きの方法は、お子様自身に正しい知識を身につけてもらう必要があり、そして保護者の方は、お子様が虫歯になってしまわないような、食生活についての知識を蓄えておく事が大切です。

また予防歯科は、虫歯にならないような口内環境を仕上げるほかに、早めに虫歯等を発見するためにも役立ちます。3ヶ月に1回くらいのペースで検診を受ける事がおすすめで、虫歯の早期発見により簡単な治療で解決出来るようになります。

子供のうちは特に、口内環境がめまぐるしく変化を遂げていくため、大人以上に十分に注意して観察していく必要性があります。また予防歯科では、お子様にとって辛い治療を行う訳ではないため、歯医者に対して怖くない印象を与える事にも役立ちます。

各務原にある当院では、予防歯科を行っていますので、お子様の歯の健康を守りたい方は、ぜひご相談頂ければと思います。

投稿者: うの歯科

2017.05.18更新

乳歯であれば、抜けてもその後に永久歯が生えてきてくれますが、永久歯が抜けたらその後は義歯をつけるほかありません。そのため予防歯科で歯の健康を守り、少しでも長く歯を残していけるようにメンテナンスを行う事が重要です。

歯に関して、意外に軽視されやすい事として虫歯があげられます。痛みがあったり、飲み物がしみたりする感覚があっても、すぐ歯医者に行って治療を受けるような、積極的に行動される方はそれほど多くないかもしれません。

やはりそこには、虫歯の治療に対する不安や恐怖心が関係しているかと思いますが、放置していると、痛みがひどくなり長引いてしまいます。早い段階であれば、薬だけで治せるケースも決して少なくないため、こまめに検査をし歯を健康に保つよう心がける事が重要です。

予防歯科では、正しく歯磨きを行えているかを確認するほか、検査の段階で虫歯があれば治療していきます。自分では大丈夫、綺麗に磨けているとは思っていても、実はたくさんの磨き残しがあるという事も少なくありません。

また、歯磨きでは歯石を取り除く事は出来ませんので、専用の道具を使い歯周病の原因となる歯石を取っていきます。このように予防歯科は歯の健康を守るため、とても大切な意味があります。各務原にある当院では、予防歯科で対応させて頂いていますので、お悩みの方はぜひご相談下さい。

投稿者: うの歯科

2017.05.11更新

小さな時に悪い口内環境ができあがってしまうと、永久歯に生え変わった後も問題が起こりやすくなります。

具体的には、虫歯や歯周病などの疾患を起こしやすくなるため、小さな子供の頃からしっかり口腔内の管理を行い、将来の歯に向けて調整を行っていく事が望ましいです。そこで、歯の健康状態を維持するために効果的なのが「予防歯科」です。

3ヶ月に一度の歯科検診を行い、変化する口内環境を確認して、問題があればその都度解決していきます。虫歯が出来ないように汚れをしっかり落とす事はもちろん、もし虫歯が見つかればすぐに治療するのです。虫歯は進行する前に対処すれば、さほど治療に痛みは伴いません。歯を大きく削る必要もなく、歯そのものの健康のためにもなります。

予防歯科では、歯磨きの指導や食事のアドバイスも行います。お子様だけではなく、保護者の方々の勉強にもなりますので、親子揃って口内環境を整える手助けになります。

各務原にある当院では、予防歯科として様々なご相談を承っています。特に、歯が生え変わる時期の子供は、口内環境がめまぐるしく変化します。このため問題が起こらぬようこまめにチェックする事が大切です。お子様の健康のためにも、ぜひ当院にご相談下さい。

投稿者: うの歯科

2017.05.02更新

大切な歯を失ってしまった時には、入れ歯を作るか考えなければなりません。入れ歯を付けないと、残った歯に良くない影響があるため、数本抜けたくらいだから大丈夫などと考えてはいけません。

 

歯が抜けたままだと、歯並びが悪くなったり虫歯や歯周病にもなりやすく、見た目的にも望ましくありません。入れ歯はまず、しっかりと食べ物を噛む事に欠かせない存在で、さらに顔の見栄えを整え、言葉をはっきりさせるためにも重要です。また、歯は姿勢を安定させるためにも欠かせないもので、歯がない状態は「歩行が安定しない」状態にも繋がります。

 

義歯は入れ歯に限らず、いく通りの方法が存在しますが、中でも広範囲の欠如に対応出来るものが入れ歯です。あらゆる歯の状態に対して有効な治療法が入れ歯であるため、多くの方に利用されています。加えて、入れ歯はオーダーメイドで作成をお願いしなければ、保険適応で作れるため、経済的なものです。入れ歯は他の歯に負担をかけたり、歯を削ったりする必要がないため、健康的な歯を大切にして、使用していけます。バネを取り付けるタイプは多少の負荷をかけてしまいますが、それでも削るよりはずっと負担が小さいものです。各務原にある当院では、入れ歯に関するご相談を承っております。歯が抜けてしまって、新しい入れ歯を作りたいとお考えの方々はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者: うの歯科

うの歯科 オフィシャルサイト歯医者ガイド ドクターズファイル
お問い合わせはこちら tel:058-382-0753