うの歯科歯医者通信

contact_tel.png

2017.04.28更新

各務原にある当院では、歯に関する意識を高めてもらうことを重要と考え、予防歯科に力を入れています。

これは大人にも子供にもいえることです。正しいブラッシングの方法を知らないと、口内環境はどんどん悪化していきます。当院では、クリーニング治療や虫歯の治療も視野に入れて、できるだけ定期的に検診することをおすすめしています。

歯は、痛みなどの症状が表面化してから治療をすれば良いと考える方が多いです。しかし、歯は治療しても元通りになる訳ではなく、今後治療を受け続けないといけなくなる可能性が高まります。一度治療した歯と健康な歯は別物と考えるべきでしょう。

できるだけ歯の治療を受けないようにするためには、歯に関する意識を高める必要があります。どこに磨き残しがあるのかを知らなければ改善したくてもできません。また、歯石除去を含めて治療を行う必要がある場合もあります。日々の生活の中で、どういった点に注意すれば良いかを知れば、自然と治療を受ける回数も少なくなっていきます。

初期段階の虫歯なら、薬だけの治療で対応できますが、進行してしまうとどうしても削らないといけなくなります。症状が進行すると通院回数も多くなってしまうため、予防に関する意識を高めるのは大きな意味があるのです。日常のメンテナンスの方法を知って、健康な歯に手を加えないで済むようにすることが理想です。

投稿者: うの歯科

2017.04.26更新

小さなお子様だと、自分で歯磨きをしっかりできず、虫歯になるリスクがありますし、その他の口内環境を整えるためにも、予防歯科は大切とされます。しかしこれは大人にも同様にいえる事です。

 

まず、虫歯にならないためには、磨き残しがどこにあるのかという事や、どこに虫歯があるのかという事を理解しておきたいものです。磨き残しを染め出せる検査もあるため、自分ではしっかり歯磨きができていると思っている方も、思わぬ結果が分かるかもしれません。

 

また、予防歯科は単に虫歯を未然に予防するだけではなく、初期の虫歯を発見し治療する意味でも重要です。虫歯は初期であればあるほど治療が簡単で、逆に進行していると歯を削る必要がでてきます。歯を削るとそれだけ天然の歯に負担をかけて、歯の寿命を縮める原因になるため、早めに検査を行って治療を始める事が大切です。

 

また、歯を失う原因の多くを占める歯周病に関しても、早めに治療を開始し抜歯のリスクを避ける事が必要です。大人でも、ご自身の口内環境についてしっかり理解できていない部分はあるため、ご心配であれば一度予防歯科を受けてみるべきです。

 

各務原にある当院では予防歯科として、口内環境や歯のご相談を承ります。ご心配な方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者: うの歯科

2017.04.20更新

大人であれば、ご自身の歯は自分でケアする事が可能ですが、小さなお子様はそうもいきません。保護者がしっかりチェックしてあげるか、もしくは予防歯科で定期的に検診を受ける事が望ましいです。

 

小さなときに口内環境が悪くなってしまうと、永久歯に生え変わったあとで虫歯ができやすい状況になります。お子様の時から良い口内環境に仕上げ、さらには歯磨きのやり方や食生活を意識するべきです。

 

虫歯の進行は早く、放っておくと徐々に歯が蝕まれてしまいます。虫歯予防には、早期発見、早期治療が大切ですので、3カ月など適度な間隔で定期的に検診を受けられることをおすすめします。

 

虫歯が進行して、歯を削らなければならない状況に陥ると、なおさら子供は治療を嫌がり、歯医者を嫌う原因になります。早期であれば、虫歯はさほど痛みを感じる治療を行う必用もないため、こまめに検診を受けて、虫歯対策を行われる事が重要なのです。

 

また、歯磨きの方法に関しても、幼い頃から正しい方法を身につけていれば、大人になってから苦労しなくなります。乳歯の段階はもちろん、永久歯になってからの事を考えるのも、予防歯科の重要な役割です。

 

各務原にある当院では、子供の予防歯科に関するご相談を承ります。

 

お子様の歯が心配、健康な口内環境であってほしいという方はぜひ、当院にご相談いただければと思います。

投稿者: うの歯科

2017.04.13更新

虫歯、歯周病、事故やけがなど、人の歯はさまざまな原因で抜ける可能性があります。基本は歯が抜けてしまわないよう、予防や治療に努められますが、それでも避けられないケースは少なくありません。万が一抜けてしまった場合には適切な義歯を作ることが大切です。

 一口に義歯といっても種類はさまざまですが、中でも利用者が多いものとして入れ歯があげられます。入れ歯のメリットについては、まず何より保険が適応する点です。インプラントなど、他の審美性や機能性に優れた治療法に関しては、どうしても自由診療となり費用は高めになっています。

 また入れ歯は、作ったり取り付けたりする際に、医療事故が起こりづらいのも大きな特徴です。しかし咀嚼力は天然の歯より低下し、人によっては異物感を伴う例も少なくありません。もし気になるという場合は、自由診療であればご自身の口にあい、異物感が少ない優れた入れ歯を作る事が可能です。

 安く義歯を用意したい、なるべくリスクの低いものが良いという場合は、入れ歯はそれらの条件に合う治療方法としてご提案できます。個人差のある顎の骨や口の中の状態に対して、幅広く対応できるというのも、入れ歯の持つ大きなメリットの一つといえるでしょう。

 各務原にある当院では、入れ歯に関するご相談を承っておりますので、ご検討中の方はぜひお越し下さい。

投稿者: うの歯科

2017.04.06更新

虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの疾患を起こす前に予防する事も大切です。歯の健康を守るために予防歯科へ通うと、虫歯などの病気にならないためのケアが行えます。歯の病気は、どれも進行していきやすく、例えば虫歯が進行するとボロボロになり、最終的に歯を抜かなければならない状態になるのです。

歯周病も同様で、治療せずに放置していると骨が溶けてぐらつきはじめ、これもまた抜歯しなければならない状況になります。歯が抜けてしまわないために、病気を治すための治療を必要としないためにも、予防歯科で歯の健康管理を行うことはとても大切です。

予防歯科というと、子供が受けるものという印象が強いかもしれませんが、成人の方々がうけられる事も決して稀ではありません。正しい歯磨きの方法を知って歯石を取り除き、病気を起こす前にするべき予防が行えます。歯を失ったり虫歯が進行する事への恐怖心は、実際に経験した方でなければわからない場合も多いです。しかし経験してからでは、天然の歯を失う可能性もあるため、やはり予防歯科を受診し、大切な歯を守っていくことをおすすめします。

各務原にある当院では、予防歯科としての対応を行っております。
歯の病気にならないよう、予防を大切にしたいとお考えの方は当院にご相談下さい。

投稿者: うの歯科

うの歯科 オフィシャルサイト歯医者ガイド ドクターズファイル
お問い合わせはこちら tel:058-382-0753