うの歯科歯医者通信

contact_tel.png

2013.07.31更新

噛み合せが悪いと、首懲りや肩こりを引き起こすことがあります。
また、よく噛めない状態が続くと、内蔵などにも影響を及ぼしかねません。

入れ歯を一度作っても、永久に使えるわけではありません。
噛み合せによって、入れ歯の一部分に偏って負担がかかり、健康を損なうこともありますし、長年経つと、歯茎や顎の骨が痩せて、入れ歯が合わなくなることもあります。
合わなくなると、歯茎などに当たって、歯茎を傷つけるようなこともあります。

保険が適用される入れ歯は、6ヶ月以上使用することが前提とされています。
その間、合わなくなれば、修理や調整をしましょう。
年数を経て合わなくなった場合には、まずその原因を知ることが大切です。

入れ歯が合わない方は、健康を損なわないためにも、各務原の当歯科までご相談ください。

投稿者: うの歯科

2013.07.30更新

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。
また、その種類もいくつかありますが、保険が適用されるものと、されないものとがあります。
どのような入れ歯であっても、その扱いを間違うと、合わなくなることがあるので注意が必要です。

しばらく使わない場合には、必ず入れ歯を乾燥させないように水や入れ歯洗浄剤などに浸けて保存しましょう。
乾燥によって、入れ歯が変形する恐れがあるからです。
入れ歯が合わなくなる場合、顎の骨などが痩せてくるなどの他に、この入れ歯の変形も要因になることがあります。
その他、年数が経過すれば、噛み合せによって合わなくなる場合があります。

入れ歯が合わない場合には、健康にも良くありません。
都合が悪いときは、各務原の当歯科までお気軽にご相談ください。

投稿者: うの歯科

2013.07.24更新

歯の健康と身体の健康を守るためには、正しく歯を磨くことが大切です。
各務原にあるうの歯科では、歯ブラシの使い方だけでなく、その方に合った歯間ブラシやデンタルフロスの正しい使い方も指導しています。

虫歯などがないかチェックし、問題があれば治療します。
その後、歯磨きの指導をし、次に歯ブラシでは取り除くことのできない歯垢や歯石などを除去し、クリーニングします。

健康で暮らすためには、虫歯や歯周病にならないことが大切なので、うの歯科ではその予防に力を入れています。
歯医者さんが苦手なお子様でも、痛くない治療なので安心して受診していただけます。

また、「歯医者さんがつくったチョコレート」も用意。
歯磨き後に食べるキシリトール入りのチョコレートです。
虫歯や歯周病を抑える効果もあるので、おすすめしています。

投稿者: うの歯科

2013.07.16更新

歯科医院は歯が痛くなってからや、歯を失ってから行くのでは、生涯健康で過ごすことは難しいかもしれません。
80歳までに何本自分の歯を残すことができるでしょう。

欧米の平均は18本程度ですが、日本では平均8本程度というのが実情です。
生涯自分の歯で食べるためには、健康な自分の歯を保つことが大切です。
欧米で歯の残る本数が多いのは、定期的に歯をクリーニングしたりメンテナンスしたりすることを習慣とする人が多いからだと言われています。

歯を失うのは、歯周病が原因であることが、虫歯が原因であることよりも多いことをご存知でしょうか。
歯周病は痛がないため、知らず知らずのうちに進行してしまうのです。

自分の歯を残せるように、年に1、2回は歯科医院で歯のクリーニングと虫歯、歯周病のチェックをしましょう。

投稿者: うの歯科

2013.07.08更新

歯や口の中を汚れたままにしておくと、そのせいで身体の中にバイ菌を取り込んでしまうことになり、思わぬ病気になることもあります。
歯の調子が悪くて、満足に噛むことができなかったら、歯だけでなく、首こりや肩こりの原因になったり、胃などの内蔵に影響がでたりすることもあります。

歯の健康は身体の健康にも影響します。
うの歯科では、口の健康から身体の健康をサポートする「かかりつけ歯科医院」を目指しています。
歯の健康の第一歩は、きちんと歯を掃除することです。
歯磨きの仕方が正しいかどうか、一度チェックしましょう。

当歯科医院では、年齢や健康状態に合わせた歯磨きの指導をしています。
虫歯や歯周病予防のために、まずは正しい歯磨きの仕方を身に付けましょう。

投稿者: うの歯科

うの歯科 オフィシャルサイト歯医者ガイド ドクターズファイル
お問い合わせはこちら tel:058-382-0753