うの歯科歯医者通信

contact_tel.png

2017.07.31更新

歯医者さんの役割は、虫歯になった歯を治療する事と思われがちですが、治療だけでは将来残せる歯も残せなくなってしまいます。

虫歯治療で削ったり詰め物をした歯は、どうしてもまた痛みやすくなり、削ることを繰り返すようになります。予防をせずに治療だけを繰り返すと歯を失うことに繋がり、将来健康的な生活をおくれなくなってしまうかもしれません。

毎日歯みがきをしていても虫歯になる方もいますので、当院では患者さんに歯垢を残さないための歯みがきの方法を指導したり、歯みがきでは落とせない歯石を取るなど、歯茎の健康も維持できるようにしています。

この指導や処置をするためには、患者さんに定期的に通っていただく必要があります。幼少期に歯医者さんで嫌な思いをされた方は、なかなか通いたくない場所かもしれませんが、当院の治療を受けた患者さんの多くの方が怖くなかった、痛くなかったとおっしゃっています。

「痛い、怖い、何をされるかわからない!」という不安要素を取り除いた治療を心がけていますので、どうぞ安心して来院いただきたいと思います。

当院では3ヶ月に一度の定期健診をおすすめしています。定期的に見ることで虫歯の早期発見にもつながりますので、ぜひご家族そろってお越しください。

投稿者: うの歯科

2017.07.27更新

加齢により歯ぐきがやせてきたり、喪失歯が多くなると入れ歯での摩擦付加がかかりやすく、痛みが出る方が多くなってきます。保険診療で作られるプラスチック製の入れ歯では、部分入れ歯でも固いものを噛むことが困難になる方もいます。

そんな入れ歯での痛みにお困りの方は、スマイルデンチャーをおすすめしています。

スマイルデンチャーは、金属を使わずナイロン樹脂で土台が作られているので、柔らかく弾力があり歯茎にかかる負荷が軽減されます。柔らかいということは、歯茎に密着しやすく隙間がなくなるので、細かい食べかすが入り込んで痛みが出るといった症状も改善できます。

また、歯茎の色に合わせて作るので、口を開けてもぱっと見では入れ歯とわかりません。入れ歯で気になっていた症状を改善されることで食事だけでなく、お顔の印象も明るく変わります。おしゃれや身だしなみに気を使いたい方、噛み心地をよくしたい方など、各務原周辺の患者さんに好評いただいているスマイルデンチャーは、当院がもっともおすすめしている入れ歯です。

カウンセリングを随時おこなっていますので、興味がある方、現在の入れ歯に不満をもたれている方は一度当院までお越しください。

投稿者: うの歯科

2017.07.20更新

子供の虫歯予防に大切なことは歯みがきだけではありません。

食事の内容や食べる時間なども、虫歯予防にとても重要なポイントになります。食事と食事の時間が一定間隔あいていると、歯の再石灰化が起こり歯を修復する機能がはたらきます。しかし、だらだら食べていたり、頻繁に食べると、再石灰化ができずに虫歯になりやすくなります。

歯のはえ始めの赤ちゃんは、ミルクや離乳食を1日5~6回に分けて摂取するので、いつでも口の中は虫歯菌が増殖しやすい状態になっています。虫歯菌は周りの大人から感染しない限り、赤ちゃんの口腔内に虫歯菌が出ることはありません。

お母さんは、赤ちゃん専用の食器を用意して虫歯菌をブロックしてあげましょう。少し成長したらおやつとの付き合い方も大切です。おやつには、噛み応えがあり食物繊維が取れるもの、唾液の分泌を促すものが適しています。たとえばりんご、牛乳、小魚などを積極的に食べさせましょう。また子供が楽しんで食べるように工夫をするといいでしょう。

おやつは甘いお菓子を与えるのではなく、簡単な食事ととらえて、自然の甘みがあるいも類やおにぎりなどに切り替えてみましょう。各務原の当院では、周辺の子供たちの歯を長年見てきた経験から、親子での虫歯予防に取り組んでいます。

投稿者: うの歯科

2017.07.13更新

近頃は、デンタルIQを高めようとよく言われていますが、デンタルIQとは何のことなのかわかりますか?

デンタルIQの「IQ」は知識のことですから、歯にまつわる知識を正しく知り、歯の健康を守るための意識がどれだけ高いかを表す指標です。この指標が高くなるほど、健康な歯に対する意識が高まるため、当院でも患者さんのデンタルIQが高まるように取り組んでいます。

歯の2大疾患である、虫歯と歯周病を予防するためにまず歯みがき指導をしています。目視で磨き残しがないかを確認し、患者さんに合ったブラッシング指導をおこないます。歯並びや習慣により歯垢の付きやすい部分が異なりますので、個々にあわせた磨き方を伝えています。

歯ブラシは小さくて丸いヘッドのものを選び、食事をするたびにこまめに磨くことで、歯垢の取り残しが少なくなります。どうしても汚れが溜まりやすい歯と歯の間は、フロスでしっかり汚れを取るために使い方から教えています。

当院では、自宅で歯を守るために気をつけるべき習慣をまとめた用紙をお渡ししていますので、毎日確認しながらl実行していただけます。予防歯科に力を入れているので、各務原周辺にお住まいの方はぜひご来院ください。

投稿者: うの歯科

2017.07.06更新

失った歯を補う治療は総入れ歯、部分入れ歯(義歯)、インプラントのどれかを選ぶ必要があります。歯が抜けたまま放っておくと、残った歯に負担をかけて悪くしてしまうので、なるべく早めにご相談ください。

一番多い治療方法の「入れ歯」は、手術の必要がなく値段も手ごろなため、まず保険診療の入れ歯を入れるのもよいでしょう。
しかし保険で作った入れ歯で噛めない、痛いなど不具合や不満のある方には他の入れ歯をおすすめしています。

体質的にインプラントができない方や、ずれない入れ歯をお探しの方にはアタッチメント義歯をおすすめしています。アタッチメント義歯はバネではなく、残っている歯にアタッチメントを仕込んで、カチッとはめためでずれにくく、部分入れ歯であることを忘れるほどの噛み心地が好評です。

ボタンのようなアタッチメントを、残存歯に取り付けて入れ歯と接続させるため、従来の入れ歯よりも簡単に着脱できてブレないため残った歯を痛めにくくなります。
アタッチメントにはボタン式のほかマグネット式もあり、総入れ歯の場合は歯茎に磁石を埋め込み、ワンタッチで入れ歯を装着可能です。

各務原にある当院のアタッチメント義歯は、部分入れ歯と総入れ歯両方の取り扱いがありますので、お口に合わせて最適な入れ歯のご提案を致します。

投稿者: うの歯科

2017.06.29更新

当院では検診時に歯石除去を実施しているため、定期健診でお口の中をきれいにできますが、歯周病の方や歯周病や虫歯を予防したい方、歯の着色汚れが気になる方には、PMTCという専門のクリーニングをおすすめしています。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、専用の機械を使って一本一本ていねいに磨いていく、歯科医院しかできないクリーニングです。普段の歯磨きでは落としきれない歯垢を取り除き、歯の表面や歯茎の間までしっかり磨いていきます。

歯周病や口臭の原因となるバイオフィルムは、通常の歯磨きでは取り除くことが難しいですが、PMTCで定期的に破壊していけばかなり改善できます。タバコを吸う方、コーヒーやワインを良く飲む方に多い着色汚れも、PMTCで歯の表面をしっかり磨くことで本来の歯の色に戻せます。

また、歯石取りは削り取るため痛みを伴う場合がありますが、PMTCは表面のクリーニングなので気持ちよく施術を受けられます。終わった後のツルツルの歯はとても気持ちがよく、患者さんもとてもすっきりしたと好評いただいています。

このような専門治療が各務原にある当院で受けられますので、今虫歯や歯茎に異常のない方も、予防のためにぜひ来院してください。

投稿者: うの歯科

2017.06.22更新

幼いころに虫歯治療をして痛かった・怖かったという経験から、歯医者が苦手になったり歯医者恐怖症になる方もいます。日本では長年、虫歯や悪くなった歯に対する治療を重視してきました。歯が痛くなってから治療に通うため重症化してしまい、怖くて嫌な思いをしてきたということです。

予防歯科が浸透している欧米では、歯医者さんには定期的に通うことが習慣化されています。そのため虫歯になったとしても早期発見、治療ができて簡単な治療で済むので痛くなりません。

近年は日本でも、予防歯科が浸透しつつあり予防の為に通院する患者さんが増えてきました。虫歯予防は赤ちゃんの頃から始まります。予防歯科を重視している当院では、できるだけ早い時期から通院を始めて歯医者に慣らすことをおすすめしています。

当院の予防歯科は、子供の成長に合わせてじっくり取り組んでいくため、まだ歯医者に慣れていない子供には決して無理強いはしません。嫌な思いをして通院を拒むようになる事が一番問題となるため、子どもの気持ちを尊重しています。親御さんは治療ができたらたくさん褒めてあげましょう。

子どもの予防歯科をお探しの方は、小児歯科もある各務原周辺の当院へお越しください。

投稿者: うの歯科

2017.06.15更新

総入れ歯は保険のもので十分と思っていませんか。

保険にはさまざまな制約があり、入れ歯を製作するまでのプロセスも量産を重視して設定されています。いくら患者さんの付け心地を追求して作りたいと思っていても、回数や素材に制限がかかり細かい部分まですり合わせができません。

こういった状況ですので、ぴったりフィットする入れ歯をご希望の方は自費治療を検討してみましょう。

耐久性がよく違和感なく装着できる入れ歯なら、金属床義歯がおすすめです。保険診療のレジン樹脂製の入れ歯は割れやすく、耐久性を高めるためにはどうしても厚みが必要ですが、金属なら薄く作っても強度を損なわないため、レジン樹脂の3分の1程度まで薄くできます。お口の中の違和感も軽減できて、快適に噛むことができます。

さらに金属は熱伝導に優れているので、食べ物の温度がよく感じられ食事の楽しさを取り戻せると好評です。患者さんが納得できるように、細かな調整を行うため満足度の高い入れ歯に仕上がります。また金属床義歯には、コバルト・クロム、白金加金、金合金、チタン合金などの種類があり、お口の状態や金属の種類により値段が変わってきます。

各務原にある当院でも取り扱っていますのでお気軽にご相談ください。

投稿者: うの歯科

2017.06.08更新

妊娠期間中の女性は、つわりやホルモンバランスの崩れから口腔環境が悪化しやすく、放っておくと虫歯や歯周病が進行してしまいます。体が思うように動かなくなる妊娠中に歯科検診なんて面倒!と思いがちですが、妊娠中の虫歯治療は生まれてくる赤ちゃんの虫歯予防にも繋がります。

まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌はいません。どこから虫歯が発生するのかといえば、周りの大人からの感染が原因なのです。多くの赤ちゃんは、離乳食が始まる生後6ヶ月ごろから3歳ごろまでに、食器の共用やスキンシップなどで感染すると言われています。

乳歯期に虫歯にならずに成長できれば、永久歯になってからの虫歯リスクも減らせることがわかっています。虫歯のない口腔環境はお母さんからの最高のプレゼントです。赤ちゃんのために、まずはお母さんの治療から始めましょう。

当院は、各務原市が発行する「妊婦歯科健康調査」の歯科医療機関に指定されていますので、無料で検診を受けられます。

妊娠期間中に治療を終了できるように早めにご来院ください。無料券は妊娠がわかったらすぐに使うことが可能ですが、つわりがひどいようでしたら落ち着いてくる妊娠中期ごろの受診がおすすめです。

投稿者: うの歯科

2017.06.03更新

保険診療の入れ歯は、安く作れるというメリットはありますが、保険適用枠に収まるように材料や手間に制限がかかります。

金属のバネを周囲の歯に引っかけて固定するため、入れ歯の位置によっては会話のたびに金属が見えますし、噛み心地が固く痛みを感じる方も少なくありません。また、見た目や質感がプラスチックとわかり、口を開けることをためらう方も多いものです。

当院おすすめの入れ歯「ノンスクラプ義歯」は、自然な見た目が好評を頂いております。金属のバネを使わないため、金属アレルギーをお持ちの方にも喜ばれています。

ノンスクラプ義歯とは、金属のバネのかわりに樹脂を使うもので、見た目が自然で一目では入れ歯とわかりません。また薄く加工できるためフィット感もよく、食べ物かすが挟まりにくくなります。

さらに柔軟性にも優れ落としても割れません。

当院の取り扱うノンスクラプ義歯は、「スマイルデンチャー」と「ドリームデンチャー」があります。それぞれメリット・デメリットが異なりますので、患者さんのお口の状態に合わせた入れ歯をご提案いたします。

ノンスクラプ義歯を入れたい方は、各務原の当院までお気軽にご相談ください。

投稿者: うの歯科

前へ
うの歯科 オフィシャルサイト歯医者ガイド ドクターズファイル
お問い合わせはこちら tel:058-382-0753