うの歯科歯医者通信

contact_tel.png

2017.07.06更新

失った歯を補う治療は総入れ歯、部分入れ歯(義歯)、インプラントのどれかを選ぶ必要があります。歯が抜けたまま放っておくと、残った歯に負担をかけて悪くしてしまうので、なるべく早めにご相談ください。

一番多い治療方法の「入れ歯」は、手術の必要がなく値段も手ごろなため、まず保険診療の入れ歯を入れるのもよいでしょう。
しかし保険で作った入れ歯で噛めない、痛いなど不具合や不満のある方には他の入れ歯をおすすめしています。

体質的にインプラントができない方や、ずれない入れ歯をお探しの方にはアタッチメント義歯をおすすめしています。アタッチメント義歯はバネではなく、残っている歯にアタッチメントを仕込んで、カチッとはめためでずれにくく、部分入れ歯であることを忘れるほどの噛み心地が好評です。

ボタンのようなアタッチメントを、残存歯に取り付けて入れ歯と接続させるため、従来の入れ歯よりも簡単に着脱できてブレないため残った歯を痛めにくくなります。
アタッチメントにはボタン式のほかマグネット式もあり、総入れ歯の場合は歯茎に磁石を埋め込み、ワンタッチで入れ歯を装着可能です。

各務原にある当院のアタッチメント義歯は、部分入れ歯と総入れ歯両方の取り扱いがありますので、お口に合わせて最適な入れ歯のご提案を致します。

投稿者: うの歯科

うの歯科 オフィシャルサイト歯医者ガイド ドクターズファイル
お問い合わせはこちら tel:058-382-0753