うの歯科歯医者通信

contact_tel.png

2017.05.18更新

乳歯であれば、抜けてもその後に永久歯が生えてきてくれますが、永久歯が抜けたらその後は義歯をつけるほかありません。そのため予防歯科で歯の健康を守り、少しでも長く歯を残していけるようにメンテナンスを行う事が重要です。

歯に関して、意外に軽視されやすい事として虫歯があげられます。痛みがあったり、飲み物がしみたりする感覚があっても、すぐ歯医者に行って治療を受けるような、積極的に行動される方はそれほど多くないかもしれません。

やはりそこには、虫歯の治療に対する不安や恐怖心が関係しているかと思いますが、放置していると、痛みがひどくなり長引いてしまいます。早い段階であれば、薬だけで治せるケースも決して少なくないため、こまめに検査をし歯を健康に保つよう心がける事が重要です。

予防歯科では、正しく歯磨きを行えているかを確認するほか、検査の段階で虫歯があれば治療していきます。自分では大丈夫、綺麗に磨けているとは思っていても、実はたくさんの磨き残しがあるという事も少なくありません。

また、歯磨きでは歯石を取り除く事は出来ませんので、専用の道具を使い歯周病の原因となる歯石を取っていきます。このように予防歯科は歯の健康を守るため、とても大切な意味があります。各務原にある当院では、予防歯科で対応させて頂いていますので、お悩みの方はぜひご相談下さい。

投稿者: うの歯科

うの歯科 オフィシャルサイト歯医者ガイド ドクターズファイル
お問い合わせはこちら tel:058-382-0753