うの歯科歯医者通信

contact_tel.png

2017.05.11更新

小さな時に悪い口内環境ができあがってしまうと、永久歯に生え変わった後も問題が起こりやすくなります。

具体的には、虫歯や歯周病などの疾患を起こしやすくなるため、小さな子供の頃からしっかり口腔内の管理を行い、将来の歯に向けて調整を行っていく事が望ましいです。そこで、歯の健康状態を維持するために効果的なのが「予防歯科」です。

3ヶ月に一度の歯科検診を行い、変化する口内環境を確認して、問題があればその都度解決していきます。虫歯が出来ないように汚れをしっかり落とす事はもちろん、もし虫歯が見つかればすぐに治療するのです。虫歯は進行する前に対処すれば、さほど治療に痛みは伴いません。歯を大きく削る必要もなく、歯そのものの健康のためにもなります。

予防歯科では、歯磨きの指導や食事のアドバイスも行います。お子様だけではなく、保護者の方々の勉強にもなりますので、親子揃って口内環境を整える手助けになります。

各務原にある当院では、予防歯科として様々なご相談を承っています。特に、歯が生え変わる時期の子供は、口内環境がめまぐるしく変化します。このため問題が起こらぬようこまめにチェックする事が大切です。お子様の健康のためにも、ぜひ当院にご相談下さい。

投稿者: うの歯科

うの歯科 オフィシャルサイト歯医者ガイド ドクターズファイル
お問い合わせはこちら tel:058-382-0753